読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサードリンク

おいらは違う意見です

スポンサードリンク

今日見た記事にこんなのが…

 

headlines.yahoo.co.jp

 

誰も殺したくなかった・・・


何なんでしょうかね??

 

 

 

 

上村君事件とは

 

川崎市中1男子生徒殺害事件 - Wikipedia

 

島根県から転居された上村君が

 

2015年2月20日に殺され、事件から1週間後に少年3名が逮捕されたという事件です

事件当初には各マスコミが報道しており、よく覚えている事件です。

 

当初、ネットで検索して主犯格の少年がツイッターなどで拡散されていたのをよく覚えています。

正直、警察の捜査網よりすごい感じがしましたね。

 

 

自分が違うと感じたのは?

 

自分が違うと思ったのは、

 

『殺した側も殺したくなかった。複数回刺したと言っているが、四十何回刺している。ものすごい時間をかけて殺している。何でそんなことをやっているのか。誰も殺したくなかったから』

 

『川で泳がせたのも、自分では殺したくないから沈んでくれと思ってやった』

 

というコメント

 

はっきり言って、そんなことなのか??

 

っていうのが、感想です。

 

その後のコメントに

 

犯行に及んだA、B、Cは必ずしも強者としてのいじめっ子ではなく、さらに“怖い”グループに狙われていたという。

 3人は、“怖い”グループに上村君が自分たちのことをチクっているのではないかと疑心暗鬼になっていた。主犯格と言われているAは両親ともに健在で、弁護人は虐待があったと主張している。Bは両親が離婚し、母親のみ。幼少期から虐待を受けてきたという。Cは両親ともに健在だ。』

 

と、書かれている。

 

 

????

 

 

これが、自分の思いです。

 

 

反抗を行った少年は18歳。

 

はっきり言って、十分に考えることの出来る年齢だと思います

 

また、どのような事をすると結果としてどのようになるかが、判断付く年齢だと思います。

 

いくら、家庭内での虐待があったとしても、問題があったとしても、自分で考え行動することが出来る年齢です。

 

自分たちがしてしまったことに対して、責任を持つことが出来るはずだと思います

 

それに対して、自分はこのコメントをした人物は知りませんが、そんなコメントをするから少年犯罪に足しての世間の甘さが出ているのだと思います。

 

幼稚園児でもなく、成人するちょっと手前の少年ですよ。

 

もっと、きついコメントが必要だと思います。

 

本当にやってはいけないことに対しての恐怖感が欠如している。

 

それが自分の意見です。

 

少年犯罪が起きた際に、決まって加害者の家庭環境の問題とか、交友関係の問題とかで見ている側からすれば、加害者を擁護するコメントを多く聞きます。

確かにそれが要因になっている可能性はあると思いますが、事件は事件です。

それが要因と表現する前に、悪いことは悪い。

そんな事したら、一生償わなくてはならない。

社会的にも認められない。

そんな事を覚えてもらうためにも、

 

『誰も殺したくなかった』

 

なんて、コメントはしないでほしい

 

今後、少年犯罪がなくなってほしいのであえて言います

 

 

もっと、強い厳罰を科してください

 

甘いことは言わないでほしいです

 

 

幼少期からテレビという情報発信源を見ているのですから

擁護すれば、見ている子供たちは

『そんな程度なんだ』

と思っていると思います。

 

そんな事を思わせない為にも、擁護する必要性は特別な事情がない限り行わない方が良いと思います。

 

これが、自分が違うと感じた意見ですm(__)m

 

若輩者が意見言って申し訳ございませんm(__)m

 

 

 

 

ところで、Divveeですが、まったく進展ありませんね

 

今日の時点で、アナウンスがありましたが、プロフィールの更新をすることやバックオフィスのアップデート?が延期になったという連絡のみ

実際に動画視聴はしていますが、当初の20アプリのダウンロードではなく1時間ごとに5動画視聴では効率が悪く、当初の話とは全然違います。

コインの数量は増えていますが、コインはどのような使用方法になるのか未だに不明です。

今後の展開はどうなるんでしょうかね??

 

 

 

 

スポンサードリンク