読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサードリンク

子供のスマートフォン

スポンサードリンク

子供のスマートフォンの使用について、

 

我が家では小学生の子供がいますが

 

すでにスマートフォンを持たせています

 

もう一年くらいですかね??

 

 

そこで、実際に持たせてからの良い点と悪い点が見えてきたので、これからの使用方法と合わせて考えてみました。

 

 

スマホを持たせた理由

現在、共働きであり、尚且つ越境申請して、小学校はジジババの家から通学しており、お迎えの連絡などに使用すること。

中学校くらいから、自分自身がパソコンに興味があり、高校時代から使用しており、今の職場も整備工場ですが、半分以上パソコンの知識が役に立っており、出来ないという事は避けたかったので、小学生から触れさせたかったというのが、理由でした。

 

スマホが悪かった点

スマホを持たせて悪かったと一番に思うことは、依存症です

 

持たせているスマホは、使い古しのiphone5cで、データ通信のSIMを挿入しているのですが、どんな時でも、暇があれば操作しています。

家でも気が付けば使っており、動かないというのが問題です。

 

我が家では決まったお手伝いがあるのですが・・・

例えば、食事前の準備なのですが、みんなで準備するというのが我が家のルールなので、夕飯時には一気にお手伝いが始まるのですが、いざスマホを持ち始めてからは、なかなかスタートしません。

一つの事に集中するのは解るのですが、離せなくなるというのは問題で、そこで怒るというのが毎日の恒例になっています。

 

また、どこに行ってもスマホを使っているというのもあります。

 

旅行などで長距離の移動や待ち時間にも気が付くと、スマホをいじっております

そんな状況ですから、移動時の景色や時間などの記憶が全くありません(´;ω;`)

ですので、帰宅後に聞いたところでスポットスポットの思い出はあるのですが、全体的な思い出はなくなってますね

 

 

良かった点

悪かった点を列挙しましたが、自分が思っているのは良かった点の方が上と思っています。

 

まずは、操作に強くなったという点です。

スマホを持たせてから、子供らなりに操作しているのですが、本当に強くなりましたね

最初のころは、操作や設定方法が解らず、また自分ではできない為、こちらに聞いてくるのです

一度は教えるのですが、同じことを2回目以上聞いてくる場合は、すぐに教えません。

教えてもらえなければ、自分で何とかしないとスマホを使用できないので、子供らは頑張って何とか考えます。

そうして覚えた操作はなかなか忘れず、身につくようです。

 

自分で調べる力が身についた気がします。

何か関心があった場合には、まず自分で調べるようにさせています。

もちろん宿題の答えは別ですよ。

何か興味があることに対して、大人や周りにすぐに聞くのではなく、まずは調べて読んで理解するようにさせています。

その中で、解らないことを聞いてくるようにさせています。

そうすることで、調べる力・理解する力が強くなりました。

何か気になったりすれば、すぐに調べはじめ、納得するまで調べるようになりました。そんな事を繰り返しているうちに、上の子供は今まで読んだこともなかった小説を読むようになりました。

そこで、なぜ読むようになったのか聞いてみたところ、

『最近、本の内容が解るようになって、面白くなった』

という答えでした。

自分で調べることで、文章の読解力がついたようです。

 

一念使わせた感じですが、スマホを子供に使わせるという事は、現時点では良いことだと思っています。

もちろん、子供に使用させる面でのルールなどは必要で(我が家のルールについては別途ご案内します)それを守らせながら持たせるのは、今後役に立つと思います。

 

これから先も、ずっと使っていくだろう物ですので、使わせていくことは良いのでしょうね~

 

お小遣い稼ぎはモッピーで!!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

高ポイント変換、老舗のモッピーでポイント集めて

お小遣いを増やしましょう!(^^)!

 

 

 

スポンサードリンク