スポンサードリンク

子供のスマホ使用は、たった2つのルールで完了!

スポンサードリンク

昨日、子供のスマホについて自分の考えを書きましたが、

 

我が家のルールとスマホの設定を紹介します。

 

実際には成功していると思いますよ

 

 

我が家では、自分の考えもあって、早めにスマホを使わせました

 

まぁ、なんでもダメというより、使わせてみたほうが良いと思っているからです

 

ですが、ルールを決めないとだめだと思い、最低限のルールを作りました。

 

 

スマホの使用はリビングで

これが一番最初に決めたルールです

 

時間を制限することも考えたのですが、親が確認できる範囲で使用することを、最大のルールとしました。

また、それに合わせてマナーモードでの使用を禁止しています。

 

リビングで使用することで、どのようなサイトを見ているのか、どのようなアプリを使用しているのかが、親として確認できます。

また、マナーモードにしないことにより、音声が流れるケースがあります。

その音声によってどのような動画を見ているかも確認できます。

 

もし、寝る時などにスマホを自分たちの部屋に持ち込むことなどがあった場合には、スマホを取り上げるのではなく、他のものでペナルティで行いました。

一番こたえたのは、3DSの使用禁止ですね。

流石のスマホ3DSには適わないようです。ゲームが出来なくなるのは、子供たちにとって苦痛ですので、結構効果ありますよ(笑)

 

 

スマホは子供たちのものではない

これは、子供たちに伝えているのですが、渡しているスマホは子供たちの物ではない。あくまで、使わなくなったスマホを貸しているだけである。

という事です。

子供たちに渡しているスマホは、あくまで親が所有しているものであって、子供たちの物ではない。

だから、内容を見たりしても問題ない。

パスワードでロックしていますが、パスワードは親が決めるという事になってます。

子供用のスマホなどがあり、専用品という事で渡してしまうと、どうしても個人の持ち物になってしまいます。

そうなってしまうと、

『これは、俺のだ』

なんて、生意気なことを言い始めます。

ですので、あくまで貸しているものだという事にしています。

そうすることで、親が確認できる環境にしています。

我が家は、早めに持たせていたので、すんなりと受け入れてくれましたね

これが、もう少し成長してからだと、反抗されますので注意してくださいね

 

 

我が家のルールは、本当にこの二つだけです。

 

依存的な問題はありますが、我が家としてはこの二つのルールだけで、十分だと思っています。

あまり細かいルールを決めるより、最低限なルールを作った方が良いと思っています。

 

 

次回は、設定についてお知らせしますね!(^^)!

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

迷走してるdivveeですが、今のところ進展はありません。

今現状はバックオフィスのプロファイルの件だけです。

リーダーミーティングの開催があるようですが、コインの使用方法などの説明がない状態です。

今後、どのような展開があるのかは知りませんが、モチベーションが下がっているのは事実だと思います。

最初の説明ではこの時期にはすでに報酬が発生しているはずです。

システムや計画の変更はあり得ることなので予想はしておりましたが・・・

今後の展開はどのようになるのでしょうか??

 

 

 

 

スポンサードリンク