スポンサードリンク

9回目の調査こそが適切なのでは??

スポンサードリンク

豊洲問題の9回目の調査方法について議論されているようですが・・・

headlines.yahoo.co.jp

 

調査方法は様々だとは思いますが・・・

 

 

自分はこの方法のどこが議論になるかわかりません

 

 

何が議論となているのか?

 

少し考えてみました!(^^)!

 

今までの調査はどのような感じだったか

今までの8回についての調査方法は、井戸にたまった水を抜き、その後1日から2日後に調査用の水を採取していたそうです。

要は、たまっていた水を調査するのではなく、その後の水を調査していた模様です。つまり、純粋に地下水として出てきた水が調査対象という事ですね

 

9回目の調査は

今回の調査は、井戸の水を抜くのは同じようですが、たまった水をすぐに調査したという事です。

その為に、調査結果内の有害物質のベンゼンが基準値の79倍の値になったとのことです。

 

ベンゼンとは?

ベンゼンについて調べてみました

危険性[ソースを編集]

WHOの下部機関IARCより発癌性がある (Type1) と勧告されており、米国・カナダEUオランダなど各国でも独自に人体影響を研究評価している[12]。日本でも大気汚染に係る環境基準が定められている。

健康被害と産業界への影響[ソースを編集]

1950年代サンダル工場で接着作業に従事していた工員が継続的なベンゼンの吸入により、造血器系の傷害(白血病等)を受け死亡する事象が発生した。この事象を契機としてベンゼンの毒性・発癌性が問題視されるようになり、有機溶剤としては代替品で毒性の比較的低いトルエンやキシレンが使用されるようになった。しかし、これら代替溶剤は故意の吸入(いわゆるシンナー遊び)という、別の弊害を生むことになった。現在においても化学工業・理化学実験では使用が忌避される傾向にある。ベンゼン含有量を削減したガソリンなどがその代表例である。

2006年春以降英国などの諸外国で清涼飲料水からベンゼンが低濃度検出されることが公表され、10ppbを越える製品の自主回収が要請された。生成の原因は保存料である安息香酸酸化防止剤であるビタミンCの反応によるもの、とされている。日本でも厚生労働省医薬食品局食品安全部が市販の清涼飲料水を調査し、1つの製品で70ppbを超える濃度が検出され、自主回収を要請した[13]

地下水汚染[ソースを編集]

都市ガス製造時に生成しガス製造施設で高濃度のベンゼンによる土壌汚染[14]地下水汚染[15]が公表されている。

ベンゼン - Wikipedia

 う~ん、確認するだけで怖いですね。こちらに書かれている内容で、継続的に吸入していた作業員が白血病などで死亡した例などがあるようで、実際に揮発性が高いので、2日位すれば調査に引っかからない状況でも継続的に毎日吸引していれば、必ず健康被害が生じるのですよね

 

やはり危険という事ではないのか??

今回のサンプリングでベンゼンが検出されたという事は、過去のサンプリング調査では発見できなかった有害物質を発見できたという事で、良い結果が出たという事ではないのでしょうか。

揮発性が高いので、過去の調査では発見できなかっただけで有害物質はあるという事。食物への危険性もさることながら、豊洲で働く人たちの健康被害を考えると、やはり移転は考えた方が良いと思います。

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト 簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサードリンク